知らないとトラブルになる!車買取で意外と多い盲点とは?

車買取で意外と多いトラブル事例がローン関係のトラブルです。

お金や車の所有権に関わるトラブルなのでややこしくなりがちです。

車を売る際にはローンが支払済みか?

車の所有権は誰になっているか?を確認しておきましょう。

ローンの支払いは終わっていますか?

車買取のトラブルで案外多い事例がローン関係です。

 

車を購入する際はとても便利なローンですが、

車を購入して1年も経つとローンの存在に忘れ、

すっかり自分の車になったという感覚になっています。

 

ですが、ローンを支払っている間の車の所有権はローン会社にあるのです。

 

 

ローンが残っているにもかかわらず、車を査定・売却契約をしてしまい、

あとで買取業者・ローン会社とトラブルになるケースが多いです。

 

買取業者は中古車販売も兼ねている会社が多いので、

事前に別の(中古車を買いたい)お客さんから欲しい車の希望を聞いて

査定に臨んでいる場合があります。

 

その場合、もし、あなたの車が条件に合致した場合、

あなたが売却契約書にサインをした時点で

すでにそのお客さんにあなたの車を売る算段がつくことになるので、

売却のキャンセルができないこともあります。

 

 

ただ、ローンが残っている状態では車の所有権はローン会社にあるので、

ローン会社に所有権を移転してもらわなければなりません。

所有権を移転してもらうには、ローン代金を支払うしかありませんが、

支払える状況ではないことが多いです。

 

 

 

このトラブルを防ぐためには、

事前にローンが支払済みかどうかを確認する必要があります。

 

また、最近では買取業者もローンは残っていないか確認してきますので、

その時に一度調べ直しておきましょう。

 

 

ローンが残っていることを忘れてしまい、

買取業者とトラブルになってしまった場合、

買取業者とローン会社とあなたの3者間で解決することになります。

 

最悪の場合、詐欺罪で告訴される恐れがあるので、十分に注意しましょう。

 

担当者や店舗の判断になりますが、

車売却代金をローン返済に充てて解決できるかもしれませんので、

一度、提案してみることをオススメします。

 

 

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者