車を買取業者に売るときの必要書類

車を買取業者に査定してもらい、

いざ売却するときにはたくさんの書類が必要になります。

取得に手間がかかる書類もありますので、あらかじめ用意しておくとベストです。

必要になる書類は以下の通りです。

車売却時の必要書類

 

 

必要書類 詳細
車検証 おそらく、ほとんどの方が車のダッシュボート内にしまっていると思いますが、最も重要な書類です。車に関する全ての情報が記載されています。紛失した場合は運輸当局で再発行してもらえます。再発行にも必要書類や費用が必要なので大切に保管しておきましょう。
自動車納税証明書 自動車税の納税証明書です。毎年5月に送付されてきます。車検時に必要な書類なので車検証と一緒に保管しておきましょう。こちらも紛失した場合は運輸当局で再発行が可能です。
自賠責保険証明書 自賠責保険料を支払った証明書です。車検証と一緒に保管している方が多いです。
実印・印鑑証明書 車を売却する際には実印が必要です。また役所で発行される印鑑証明書も併せて用意しましょう。
リサイクル券 リサイクル料を支払った証明書です。「何それ?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、車検証と一緒に保管していることが多いので一度確認しましょう。紛失時は自動車リサイクルシステムのホームページで再発行が可能です。
住民票 住民票は現住所と車検証記載住所が異なっている場合に必要です。引っ越した方はチェックしておきましょう。
戸籍謄本 戸籍謄本は車検証記載氏名と現在の氏名が異なっている場合に必要です。
委任状 車売却時に買取業者に代行してもらうために必要な書類です。通常は買取業者が用意しています。
譲渡証明書 車を売却・譲渡した際に発行される書類です。

 

以上の書類が必要になりますので

あらかじめ揃っているかチェックしておきましょう。

 

 

車購入時から引越しをしている方は

住民票や戸籍謄本が必要になる場合もありますので、

事前に用意しておくとスムーズに手続きが進みます。

 

 

また、車検証やリサイクル券、自賠責保険証明書などは

ダッシュボードに保管していることが多いですが、

紛失していることもありますので必ず一度確認しておきましょう。

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者