車を下取りに出すメリット・デメリット

車を買い替えるとき、

ディーラーで下取りに出す流れは

ごく自然に行われています。

 

 

実際、下取りに出される方は非常に多く、

当たり前という認識の方もいらっしゃいます。

 

 

ですが、下取りにもメリットとデメリットがあります。

 

 

愛車を高く売るためには下取りよりも

買取の方が高く査定してくれることが多いです。

 

 

一括査定を利用してできるだけ車を高く

買い取ってもらうことも考えてみてはいかがでしょうか。

ディーラーに下取りに出すメリット

ディーラーに下取りに出すメリットは以下の通りです。

 

 

  • 同じ店舗で下取りと新車購入ができるため、手間がかからない
  • 年式が古くても下取りしてもらえる
  • 事故車でも下取りしてもらえる
  • 修理車でも下取りしてもらえる

 

 

車をディーラーで下取りする

一番のメリットは「手間がかからないこと」です。

 

 

 

今乗っている車の売却と新車購入を

同じ店舗でできるので、

手続きもスムーズにできます。

 

 

煩わしい書類もディーラーが

用意してくれるので、署名・捺印するだけでOKです。

 

 

 

事故車・修理車・年式が古い車など

買取店では拒否されやすい車でも、

いくらかの下取り価格になり、新車購入の足しになります。

 

 

 

ですが、それ以外の場合は

損をすることもありますので、

注意が必要です。

 

 

 

同じ店舗で新車購入を続けると、

ディーラー担当者と顔馴染みになり、

ちょっとした無理も聞いてくれやすくなるのも

メリットの1つです。

 

 

お得意様になれば有益な情報をもらえたり、

下取りをおまけしてくれることもあります。

 

 

 

ディーラーに下取りに出すデメリット

ディーラーに下取りに出すデメリットもあります。

デメリットは以下の通りです。

 

 

  • 買取業者の買取価格より安い場合が多い
  • 本当の下取り価格と値引き額が一緒になってわかりにくい
  • オプションが評価されない
  • 他社メーカーの車は評価が低い

 

 

ディーラーに下取りに出す最大のデメリットは、

「買取価格よりも安い査定になりやすいこと」です。

 

 

 

ディーラーは新車をあなたに買ってもらうことが仕事であって、

あなたの車を買うことが仕事ではありません。

 

 

新車を購入してもらうために「値引き」という

言葉を使って車を下取ります。

 

 

その際、本当の下取り価格と値引き額が

一緒になってしまい、

一体いくらで下取りされたのか不明です。

 

 

 

また、ディーラーは下取り車を流す販売ルートが少なく、

自社メーカー以外の車の下取り評価は

低い傾向にあります。

 

 

また、オプションでドレスアップした場合も評価されず、

車種・年式・走行距離などの

簡単な基準でのみの評価になるので

画一的な評価になります。

 

 

 

買取業者の場合は、独自の販売ルートを

確保しているため、

どんな車種でも高く買い取れる体制が整っています。

オプション・ドレスアップも

評価対象になるので高額査定されやすいです。

 

 

下取りも買取もメリット・デメリットがあるので、

自分に合った選択をしましょう。

 

 

時間がなく、手間がかかるのを嫌うなら

下取りに出す。

 

少しでも高く車を売りたいと思うのなら、

買取店に査定してもらいましょう。

 

 

また、一括査定してもらい、

あなたの本当の買取査定額を知った上で、

ディーラーと下取り交渉をしてもいいかと思います。

 

 

買取業者に買取査定依頼をしても

売らないといけないわけではありません。

一度、本当の査定額を調べてみてはいかがでしょうか。

 

 ディーラーの下取り価格と新車の値引き額は妥当か?

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者