車買取査定でマイナス査定になるポイント

車買取査定では基本価格に加算・減算して査定額を決定します。

 

状態が良ければプラス査定されやすいですが、

状態が悪ければマイナス査定されてしまいます。

今回はマイナス査定になるポイントに絞ってご紹介します。

車買取査定でマイナス査定になるポイント

dame

車買取査定を依頼すると、

買取店担当者によって厳しくチェックされます。

 

 

ちょっとしたことでもマイナス査定されて

5千円引き・1万円引きされてしまうとかなり損ですので、

しっかりと対策して査定額を減らさないようにしましょう。

 

 

 

車体の汚れ

車買取査定を依頼するときは、

しっかりと洗車・ワックス掛けしておきましょう。

 

汚れが目立つ車はそれだけで

マイナス査定されてしまいます。

 

 

また、買取店担当者が抱く印象も悪くなり、

その後の査定にも悪影響をもたらしますので、

出来るだけ綺麗にしておきましょう。

 

 

 

車内の臭い

タバコを吸っていたり、ペットを乗せていれば、

車内に臭いが残っている恐れがあります。

 

 

最近は特に臭いには厳しく年式が新しくて

走行距離が少なくてもタバコの臭いが残っているだけで

査定額が大幅に下がるケースもあります。

 

 

無臭消臭剤などで臭いを消すようにしましょう。

 

 

走行距離が長い

走行距離が長いとマイナス査定されます。

50,000kmを超えるとガクッと下がることもありますので、

買い替えを考えているならできるだけ

早く買取を検討することをおすすめします。

 

 

車買取査定額は走行距離が50,000kmを超えるとガクッと下がる?

 

 

 

年式が古い

走行距離よりも年式を重視する

買取業者が多い傾向にあります。

 

 

今の車開発技術は1年で進化する

スピードがとても早いため、

年度が替わるとガクッと査定額が落ちることがあります。

 

 

特に3年落ちと4年落ちでは

大幅に査定額が違いますので、

できるだけ早めに買取に出すと高額査定を狙えます。

 

 

 

フロントガラス

フロントガラスに傷があるとマイナス査定になります。

ちょっとした小さな傷でもマイナス査定されてしまいます。

ワイパーによる細かな擦り跡も対象なので厳しい査定ポイントです。

 

 

 

他にもエンジン・ブレーキ・マフラーや

電気系統なども査定されるポイントです。

 

 

ただ、なかなか個人では

メンテナンスしにくいポイントですので、

あまり気にしなくて構いません。

 

 

 

それ以上に車内の掃除や細かい傷の修復

(市販のワックス等で自己修復できるレベル)を

しておくことの方が大事です。

 

 

ちなみに自動車修理屋さんで直すレベルの

傷を修復しても、修理代以上の査定額は出ませんので、

そのような傷があればそのまま査定に出しましょう。

 

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者