自動車ローンをディーラーで組むと損するのか?

車を購入する際に一括で購入すれば

問題はありませんが、

高額な車の場合は

ローンを組むこともあると思います。

 

大体、ディーラーで提携している

おススメローンを組むことになると思いますが、

そのまま組んでしまうと思わぬ

損をすることもあるので注意が必要です。

自動車ローンの種類と金利

自動車ローンはディーラーが

勧めてくるディーラーローンと

銀行や信用金庫で組む銀行系ローンの2種類あります。

 

 

初めて車を購入するときは

知らない人が多いので、

勧められるがままに

ディーラーローンを組む人がいますが、

ディーラーローンは金利が高いことが多いので

損をしている可能性が高いです。

 

 

 

トヨタファイナンスの金利が5.8%ですが、

三菱東京UFJ銀行のマイカーローン金利は2.975%です。

 

 

その差は歴然としているにもかかわらず、

ディーラーローンを組む人は少なくありません。

その理由として考えられるのが、「手間がかかること」です。

 

 

ディーラーローンは車を購入した販売店で

手続きできるので簡単で、

面倒な処理もディーラー担当者が

代わりにやってくれますが、

銀行系ローンは、ディーラーでの手続きは

保留にしておいて一旦銀行に行ってローンを組む必要があります。

 

 

 

普段、平日仕事をしているサラリーマンの方にとってみれば、

わざわざ平日に有給をとってローンを組みに行く行為が

とても面倒だと感じるのです。

 

 

なので、ちょっとくらい金利が高くても

勧められるがままにディーラーローンを組む人が多いです。

 

 

ただ、30~50万円くらい違ってくるので

面倒でも銀行系ローンを組んだ方が安く済みます。

 

 

 

ローンの審査

ローンを組む際には審査が必要です。

年収・勤務先・勤続年数・正社員かどうか・

住居は賃貸かどうか・過去の借入はあるのか

などを審査されます。

 

 

年末に勤務先から配布される源泉徴収票を

提出しなくてはならないので、保管しておきましょう。

(勤務先に申し出れば再発行してくれます。)

 

 

ディーラーローンの場合は

車の契約と同時にできますが、

銀行系ローンの場合は車の契約をする前に

ローンを組んでおく必要があるので、早めに行動しておきましょう。

 

 

 

ディーラーローンはディーラーの大事な収入源なので、

かなり勧められてきて、

勢いで押されがちになりますが、サラッとかわしましょう。

 

 

 

もちろん、ディーラーローンを組んでもいいですが、

金利の高さを考えれば、

その分ガソリン代にもなりますし、

グレードの高いカーナビを導入することもできます。

 

 

幅広く情報を入手し、自分にとって

何が大事なポイントかを絞って考えてみましょう。

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者