車買取契約後に査定額が減額されることがある?

買取業者と契約した後に

査定額が減額されるケースはあるのでしょうか。

あるとすればどのようなケースが想定できるのか、

今回は契約後の査定額変更についてご紹介します。

買取契約後に査定額減額って本当にあるの?

車買取査定してもらい、契約を交わして引き取ってもらって一安心。

あとは査定額を振り込んでもらうだけ・・・

そんな時に買取業者から電話がかかってくることがあります。

 

内容は、「エンジンに不具合が見つかったので査定額を〇〇万円減額します。」

といった類のもの。

 

このようなケースは実際に起こっていますし、

あなたにも起こる可能性があります。

 

 

買取業者は車を引き取った後に

店舗や整備工場でメンテナンスして、中古車として店頭に並べます。

ただ、その際に何らかのトラブルが見つかり、

明らかに前ユーザー(あなた)が原因だというものであれば、

査定額を減額すると連絡してくることがあります。

 

 

車の査定は50か所以上のチェックポイントがあり、

しっかりとチェックしていますが、わずか30分程度の査定では

なかなか分からないところがあるのも事実です。

 

 

整備工場では詳しくチェックするので、

そういった細かい部分が見つかることがしばしばあります。

 

 

通常は契約後に前ユーザー(あなた)に

連絡してくることはありませんが、買取業者によっては連絡してきて

減額されることがあるので注意して下さい。

 

とはいっても、あなたと買取業者間では

その査定額で契約を結んでいるので、

あなたは「その査定額で契約している!」と対抗することができます。

 

 

実際に契約書にサインする前には、

ただ事務的にサインするのではなく、

細部までよく読んで納得した上でサインするようにしましょう。

 

 

契約書によっては小さい字で「後日、査定額が変わることがあります。」

と書いている場合もあります。

 

 

車買取はあくまで現物を所有している

あなたが主導権を握っています。

売るも売らないもあなたの判断で行えますので、

後悔しないためにじっくりと考えて行動するように心がけましょう。

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者