ディーラーの下取り価格と新車の値引き額は妥当か?

車をディーラーに下取りに出すことは、

今乗っている車を売って、

いくらか値引きをしてもらい

安く新車を購入するということです。

 

その下取り価格と新車の値引き額の

関係性を考えたことがあるでしょうか。

一体いくら値引きされているのか?

妥当な金額なのか心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ディーラーの下取り価格が新車の値引き額とは限らない!

 

ディーラーに下取りを出して、

新車を購入すると見積もり書でその旨の記載があります。

 

 

車両本体価格が200万円だった場合、

下取り値引き30万円、オプション等20万円で

合計190万円が支払金額になり、

お得に車を購入した気持ちになりますが、

その値引き額は下取り価格だけの金額ではありません。

 

 

 

ディーラーによって項目の記載方法などに

差があるので一概には言えませんが、

大体のディーラーがその部分を曖昧に

ボカしていることが多いです。

 

 

ですが、その値引き額は下取りによる

値引き額と通常の値引き額と一緒になっていますので、

実際、下取り値引きがいくらなのかを

把握することは難しいのが現状です。

(最近ではクレームが増えてきており、

下取り値引き〇〇万円、車両値引き〇〇万円と

分けて記載するディーラーもあります。)

 

 

 

なぜ、値引き額を曖昧にする必要があるのかですが、

それは下取りは新車価格を安く見せるための価格調整に使用

しているからです。

 

 

「本当は30万円値引きできるけど、

高く新車を購入してほしいから端数調整だけにして

12万円値引きしておこう!」と低い値引き額を提示してきます。

 

 

その時、ディーラー担当者は

「もうこれ以上の値引きは厳しいですが、

〇〇さんはよくお店に来てもらってますので

特別に12万円値引きます!」などかなり頑張った感を

演出してきますので要注意です。

 

 

ただ、本当に値引きが厳しい場合もありますので、

この見極めは極めて難しいです。

 

 

新車を購入する側からするとできるだけ

安く新車を購入したいですよね。

 

そこで、最近増えてきている方法ですが、

車買取査定を受けてからディーラーに下

取り値引き交渉をする方法がベターです。

 

車買取一括査定のメリット・デメリット 

 

 

一括査定サービスを利用してできるだけ

複数の買取業者に査定をしてもらい、

実際の車買取金額を事前に聞いておきます。

 

 

複数の買取業者に査定をしてもらう理由は、

その方が競合性が増し、高い査定を受ける

可能性が高くなるからです。

あなたの愛車の最高額を知ることができるわけです。

 

 

その査定金額を持って、ディーラーに行き、

下取り値引き交渉をすれば、

その査定額くらいには値引いてくれる可能性が出てきます。

 

 

とはいっても新車ディーラーは

中古車の販売ルートをあまり抱えていないので、

下取りを高く買うことは難しいのが現状です。

 

 

すぐに中古車を捌けないために

維持費がかかってしまい、赤字になってしまうからです。

 

 

どうしてもそのディーラーに下取り値引きをしたい場合は

買取査定額を利用すればいいですが、

どうしても下取りじゃないとダメではなければ、

最高額をつけた買取業者に車を売ってしまって、

新車を購入する方が結果的に安く入手できます。

 

 

買取するなら一括査定サービスを利用すると便利です。

こちらのランキング上位2位+他1社の計3社を利用すれば

地元の買取店は全て網羅することになるので、

後悔することがありません。

 

車買取一括査定サービス ランキングBEST5

 

 

 

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者