車買取契約後にキャンセルできるのか?

勢いやその場の雰囲気で思わず売ってしまったが、

冷静に考えてみたり、家族と相談したら、

売らない方がよかったケースはよくあります。

 

車を売る場合に事前に知りたいことの1つが

「契約後にキャンセルできるかどうか」です。

思わぬトラブルになりやすいので、この機会にチェックしておきましょう。

車買取契約後のキャンセル

igiariM

一括査定などで訪問査定してもらい、

その場で契約した場合、基本的にはキャンセルできません。

 

厳密に言うと、車の売買はクーリング・オフが出来ません。

契約書に署名、捺印すると契約成立なので、

買取業者が応じない限りは車は戻らないと考えておいてください。

 

 

ただ、買取業者によってはキャンセル料を支払えば、

取り戻すこともできますので、

一度、契約した買取業者に確認してみて下さい。

 

 

車買取業者は中古車の販売も

兼ねている会社が多いので、

あなたの車(条件合致)を探している人がいた場合、

あなたが車の売買契約をした瞬間に、

買取業者担当者はそのお客さんに

あなたの車を売る算段がついたことになるので、

キャンセルできないこともあります。

 

 

 

車を売った後に後悔して

キャンセルする事例は少なくありません。

 

「もっと他の買取業者に査定してもらったらよかったかな?」

「下取りに出した方がよかったかな?」

「家族になんで売ったの?と怒られた。」など

色々なケースがありますが、

あらかじめ家族に相談したり、

売るための条件を決めておくと後悔することも少なくなります。

 

 

 

自宅に車買取査定に来てもらった場合、

買取業者もその場で即決させようと

強引に交渉してくる場合もありますが、

事前に決めた条件に合致しなかった場合は

その場で決めることはしない方が良いです。

 

 

 

「普通なら50万円で買いますが、今決めるなら60万で買います!」と

心を揺さぶる言葉を言ってきますが、

家族と相談して決めようと考えているなら、断った方が後悔しません。

 

 

他の買取業者も同じようなことを言ってきますので、

「査定依頼している会社全ての査定額を聞いてから決めます!」と

あくまで強気で交渉しましょう。

 

 

あなたが契約しない限り、車の所有権はあなたにあり、

交渉の主導権もあなたが握っています。

 

 

あなたが車買取に関して全てを支配していますので、

営業トークに惑わされずに交渉しましょう!

 

 

こういう方法もありますけどね↓

車買取業者の査定時間は?時間短縮し、査定額も大幅アップさせる裏技とは?

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者