マツダアテンザの買取査定と下取り相場を調べてみた。

マツダアテンザを買取に出すなら、

まずは買取査定と下取り相場を調べておく必要があります。

 

下調べをしっかりしておくと実際に査定を受けている際の交渉時に役に立ちます。

買取業者はできるだけ安く買い取ろうとしますが、

大体の目安を知っていると提示された査定額が高いか安いかの判断がつくので、

是非確認しておいてください。

マツダアテンザの買取査定と下取り相場は?

atenza

マツダアテンザは2002年に発売されたセダンタイプの車です。

マツダといえばスポーツタイプというイメージですが、

このアテンザもセダンなのにスポーツタイプをほうふつさせるフォルムなのが特徴です。

 

躍動感あふれるデザインは世の男性陣をトリコにすること間違いなし。

 

 

燃費もそこそこ良くスムーズなハンドリングと良いポイントは多いですが、

他メーカーのセダンに比べると少しラグジュアリー感がないところが残念です。

クラウンやフーガなどに比べると少し物足りない印象を受けてしまいます。

 

 

アテンザの買取実績

グレード 査定時期 年式 走行距離 ボディカラー 査定額
アテンザスポーツ 23EX 2015年9月 2006年 16万km パープル 148,000円
アテンザスポーツ 23S 2015年8月 2002年 6万km ホワイト 118,000円
アテンザスポーツ 23S 2015年7月 2002年 10万km ブルー 50,000円
アテンザスポーツ 23Z 2015年6月 2004年 11万km レッド 68,000円
アテンザスポーツ 23Z 2015年4月 2004年 6万km レッド 74,000円
アテンザスポーツ 23S 2015年3月 2002年 7万km イエロー 88,000円

 

 

古い車なので、年式も古いものが多く出されています。

走行距離も比較的多いものが出されていて、査定額が伸びていません。

 

これなら下取りに出しても良いと思います。

アテンザの買取相場が低いため、

下取りに出して値引き交渉を頑張っても十分得になると考えます。

ただ、マツダの車を購入する場合に限りですが。

 

 

基本的に下取りは他社メーカーの車を高く買い取ることはありません。

というのも、中古車の販売ルートを確保できていないからです。

自社商品であればメンテナンス後中古車販売業者に流すことができますが、

他社メーカー商品の場合は部品がないので、メンテナンスすることができず、

そのままの状態で流さなければなりません。

 

 

その際の引き取り価格はメンテナンスしていないので状態が悪いことが多く、

とても利益が出せる値段で売れるわけではありません。

ですから、ディーラーは他社メーカー車を高く下取りすることはないのです。

 

 

アテンザを1円でも高く売るためのコツ

流れとしては、まず「かんたん車査定ガイド」で査定依頼をします。

 

すると、すぐに数社から連絡があり(電話かメール)、出張査定のアポを取ることになります。

あなたの希望日を買取店に伝えて、予約を取ります。

 

後日、3~4社に出張査定に来てもらいます。

すると、大体の相場が分かりますので、

その中で最も高く査定をしてもらった業者と交渉して売ることが1番です。

 

査定額が出ない場合は下取りに出してできるだけ

値引き額を大きくしてもらうように交渉する。

この流れが最もスムーズに愛車を売ることが出来ると思います。

 

 

車を高く売るなら一括査定がお得!

車買取



ヴォクシー

一括査定サイト


かんたん車査定ガイド



買取業者